« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

世界一の監督

私達の活動にご協力頂いている方をご紹介。


Photo_5ご協力頂いている

鈴木秀俊氏

ご存知の方もいると思いますが、
調布リトルシニアの第一人者で、
       7年連続日本一!



1976年には荒木大輔投手を擁し
       世界一に輝く!

その後、山梨学院大学附属高等学校 野球部監督就任。

春1回、夏3回 甲子園へ導く。

荒木大輔さんを筆頭に、武田一浩投手、関川浩一選手、
近年では、広島カープの苫米地投手、大島投手、玉山投手
ソフトバンクの明石選手など、数多くのプロ野球選手を輩出。

今も尚、多くの子供達に野球を教え続けています。

そして、私達の活動にご協力頂いています。
野球道具を頂き、また、色々な方々を紹介して頂きました。

今年の4月には、フィリピンダバオまで来ていただき、ダバオの子供達に直接
野球を教えて下さいました。

2006417_011
ダバオ市営のPTA グランドにて。

この子達は帰る家がない
     ストリートチルドレン

野球をやっていると物珍しそうに近寄ってきました。

野球というスポーツ自体を全く知らない子供達に、鈴木監督は丁寧に教えていました。

子供達はものすごく楽しそう!
初めて触る硬球に興味津々。見て下さい、彼らの笑顔♪

2006417_022
実際投げてみる。

初めて投げたとは到底思えないほどのボールが
ズバッっとグラブに収まる。

ビックリしました・・・

初めて投げる球がグラブに一直線!
ブログ上でこのすごさをお伝えできないのが残念ですが、鈴木監督も驚いていました。

家族がどこにいるかもわからない・・・帰る家もない・・・

そんな環境の中でも強くたくましく生きていて、こんなに野球を楽しんでいる。

なんとかならないものかと思ったが、どうすることもできない自分は無力感でいっぱい。。

近い将来、彼らも一緒にユニフォームを着て野球をする日がくればと思う。

とは ・・・ 人に優しくすること。
とは ・・・ それを伝えること。

そう教えてくれた鈴木監督。

その言葉の意味を噛みしめていこうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイフォトUP ♪

まだまだ暑いぞ日本!
最近暑さに弱くなってきつつある気がする・・・

皆さんは大丈夫でしょうか?

え~お知らせです。

1st Davao City Baseball Cup の写真を UP! しました。

皆さん是非ご覧下さい。

暑さに負けず頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amazing !!!

「おつかれさま!本当におつかれさま!」



今年の高校野球。なんとも凄まじかった・・・

決勝戦 早実 vs 駒大苫小牧

言葉にならないほどの素晴らしいゲーム。

早実の斎藤君、駒苫の田中君 両投手共にすごい気迫!

プロ野球やメジャーリーグも見ていてすごいですが、これほどの試合はそうそう見れるものでもないように思う。

彼らの試合を観ていて、正直どちらにも勝ってほしいと思った。

私は東京出身なので、早実と帝京を応援していたのだが、甲子園を見ているとどこのチームにも勝ってほしくなる。


連日繰り広げられた熱戦。
TV を通して見ているこちら側の方が逆に元気をもらっている気がする。。
見ているだけで活力が湧き出してくる。


まだまだ未熟だと言われる高校生。。
しかし、その彼らが日本中を感動させてくれました。

決勝戦の再試合。最後のバッターが田中君というのも、何か運命的なものを感じる。
まさにドラマ以上のドラマ・・・

気持ちも技術もほぼ互角であったように思う。

“野球の神様”は本当にいるんだとこれほど感じたことは未だかつてない。

それくらいすごい大会だったんじゃないかと思う。

地元に帰ってきてからも、何かと忙しい日々を送っている選手達。

彼らのこれからにも注目されていますが、ひとまずゆっくり休んで、また日本中を沸かせてほしいと願う。

甲子園・・・ 何年経っても素晴らしい場所であり続けるんじゃないか。

そんな気がしてならない。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

真夏のナイスゲーム♪

連日暑い日が続いていますがみなさん元気で過ごしていますか??

僕は暑いからと言って部屋にこもらないように心がけています。

甲子園ではアツイ試合が繰り広げられていますね~。

ついさっきまで、駒大苫小牧 vs 青森山田 を観ていました。

いや~ものすごい試合でしたね~。。。

1球1球目が離せない展開で、両チームとも素晴らしいプレーを魅せてくれました!

駒大苫小牧の粘りは本当に驚異的ですが、青森山田も素晴らしいチームでした。

ナイスゲーム!

今年の甲子園はほんとに目が離せないですな。。。

最後まで見届けたいと思います。

尚、1st Davao City Baseball Cup の模様を、

マイフォトにUP しました♪

どうぞご覧下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレートおじいちゃん!

Mkd 以前ご紹介した

MKD
(ミンダナオ国際大学)。

私の祖父が設立しました。

前回、私の祖父を簡単に紹介させてもらいましたが、実は現在78歳のおじいちゃんなんです。

もうまもなく80歳を迎えるところですが、断然元気いっぱい!

未だに原付を乗りこなしていますし、ダバオへも年に数回、一人で行きます。

私たち家族の心配などなんのその・・・(笑)

頼もしいやら、怖いやら・・・とにかく元気でいてくれることは本当にありがたい。

頭の中はいつもダバオの事でいっぱいな祖父。

次はこうしようか?いや、ああしようか?などなど・・・
ほんとに毎日何をするか頭の中を駆け巡っている感じです。

それが元気の源なのかもしれません。。。

まさに、グレートおじいちゃん!と言っていいかもしれない。

こっちが元気づけられることもあったりするんだからスゴイです。
(普通は逆だよな~笑。。)

いつまでもグレートでいてくれそうな勢いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

My Grandfather

ようやく梅雨も明け、本格的に暑くなってきましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

暑い時こそ外で動きましょうね!

え~前回お伝えした通り、ご協力を頂いている方々のご紹介をしていきたいと思います。

が、その前に・・・

改めて、私の活動のきっかけをお話しようと思います。
まずは、きっかけとなった私の祖父をご紹介。

_002 私の祖父 内田 達男です。

フィリピンダバオで生まれ、18歳までダバオで生活をしていたそうです。
(当時は戦争中だったため、家族と共にダバオに移住していた。)

昭和54年 ㈱日典 設立


その頃から本格的にダバオでのボランティア活動を開始。

両親共に日本人ではありますが、生まれ故郷のダバオへの想いが強く、恩返しをしたいという気持ちから始めたそうです。

その他、主な活動歴は以下の通り。

平成8年  孤児院 「アヤ子園」 設立
      ※ 「アヤ子」とは祖父の亡妻で、現地の捨てられた子供達を見て、“他人事  
        とは思えなかった。” という気持ちから設立されました。

平成13年 MKD(ミンダナオ国際大学)設立


平成16年 現地にて Datu Uchida Development
                      Foundation
設立

          ※ 野球や音楽を通して、青少年善導の育成を目的に設立。

その他、歴史資料館、小学校などの設立に貢献しました。
そして、今も活動を続けています。

毎日会っているので、そんなにすごいことをしているとは思わなかったが、
自分自身がダバオに行くようになって、祖父の偉大さがわかりました。

その偉大な祖父の、「ダバオとの関係をより深めて欲しい。」
という気持ちに私の心は動かされました。

そんなことがきっかけとなり始まったこの活動ですが、今では祖父に感謝の気持ちでいっぱいです。

ダバオの子供達に野球を教えること、触れ合うことで、それが自分の糧となっているのを実感するし、勉強させられます。

祖父の“意志”を受け継ぎ、ダバオの子供達に、野球の楽しさ、素晴らしさを伝えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »