« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

3位決定戦

準決勝に惜しくも敗れた日系人会チーム。
悔しがっている暇なく次の試合、3位決定戦へ。

vs Bayabas Elem.(バヤバス小学校)

先発はもう一人のピッチャー Lester (レスター)でしたが、
立ち上がりから調子がいまいちで、いつもの球威でなかった。
序盤からバヤバスチームに打ち込まれ、取ったら取られるのシーソーゲーム。

中盤に入り、ピッチャーをミッチェルに変えると一気に反撃!
結局11-9でバヤバス小学校を下し、

見事3位入賞を果たしました!

Photo_199











▲試合終了の挨拶をする両チーム


準決勝で負け、序盤はなんとなく気が抜けてた日系人会チーム。
エースのミッチェルが‘力’で流れを引き寄せ、もぎとった3位。
優勝はできなかったものの、来年に向け収穫はたくさんありました。
野球が上手くなったこともそうですが、

何よりも‘礼儀’‘挨拶’ができるようになったこと。

個人的にはそれが一番嬉しかった。
攻守交替がすばやくできるようにもなった。
そんな彼らを誇りに思う。
次の大会に向けこの日からまた始動!

これからも彼らと共に走って行きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

延長戦

準決勝 延長戦

6回の表、カリナンの攻撃。
先頭打者をフォアボールでだし、次打者にヒットを打たれる。
1アウトは取ったものの、盗塁を許し1アウト2,3塁。迎えるバッターは今大会既に2本のホームランを放っている4番バッター。

敬遠・・・。

1アウトフルベース。
内野は前進バックホーム体制。

なんとここで スクイズ!?

意表を突かれたため1点はしょうがなかったが、2点目もやってしまう。。。
なんとか後続は断つも、2-4と再び2点ビハインド。
2点取れなければ「負け」の絶体絶命。

Oneforall













▲ One For All !!!

6回の裏、全員集合して気合いをいれる。

「まだあきらめるな!試合はこれからだ!」
と子供達に喝をいれる。

今こそ‘心を一つに!’

しかし、2点取られたショックを隠せない子供達は簡単に2アウトを取られる。
2アウトランナーなしで3番ピッチャーのミッチェル。

Photo_027











▲ピッチャーのミッチェル


2ストライクと追い込まれるものの、ヒットでなんとか出塁!
2盗、3盗を決め2アウト3塁で、日系人会の4番 Butcon(ブッコン)。

Photo_029_3











▲緊張した面持ちで打席に入るブッコン


実は・・・昨年の第1回大会で最後の打者になったのはこのブッコン。
今年は簡単には終わらない! そんな気持ちが漂ってくる。
カウント2-1と追い込まれるが、2球、3球とファールで粘る。
カリナンのピッチャーも緊張しているよう・・。
真ん中高めの速球が投げ込まれる。

空振り!

「ストライクアウトォ~!」

審判が大きな声でコール。
緊迫した試合がついに決着。
最後のバッターとなったブッコンはその場で悔しがっていました。
私ももちろん悔しかった。

でも、みんな本当によくやった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準決勝

順調に勝ち進んだ日系人会チーム

準決勝  vs Calinan(カリナン)

前回の王者であり、ダバオで一番歴史のあるチーム。

Photo_025_1











▲フルスイングする Maurice(マウリス)

日系人会チームは序盤に2点を失い、0-2と2点を追う展開。

マークしていたはずの4番打者にタイムリーを打たれました。
今大会、打撃好調のマウリスが打線を引っ張る。。。

かとおもいきや、カリナンのピッチャーもいいボールを放っていて、
3回までは完全に抑えられてた。
うちのエース Mitchel(ミッチェル)も立ち直り好投。
そんなミッチェルに応えるかのように、4回になりようやく打線がつながる。

4回の裏、ヒットと相手のエラーが絡み 同点!
完全に勢いは日系人会チームに。
最終回の5回。
ミッチェルは危なげなく3人で切って取る。

1点取ればサヨナラという5回裏の攻撃。
最初の2人は簡単にアウト。。
同点のまま延長戦かと思われたが、次の打者がヒットで出塁!
2盗、3盗と決め、2アウト3塁の場面で日系人会チーム最年少の
Jason(ジェイソン)が打席へ・・・。

Photo_020











▲打席で集中するジェイソン


チームで唯一4年生のジェイソン。
ほとんど5、6年で編成されている中で、能力が高く、レギュラーをもぎ取った。
カウント1-1となり、「とにかくスイング!」と声をかける。

空振り!?

カウント2-1。
カリナンのエースが重いストレートを投げ込んでくる。

空振り!三振!!

残念ながらサヨナラで決めることができず・・・
息を呑む試合は延長戦へ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強くなった!

Photo_019_1












▲試合中の日系人会チーム

‘勝ちの味’をまだあまり知らない日系人会チーム。

今大会では、「勝つことの素晴らしさ」

そして、‘優勝’を味わせたい!と望んだ第2回 Baseball Cup。

昨年に比べ格段に強くなってはいるものの、まだまだ精神的にも技術的にも
足りないことは多い。
とはいえ、楽しくプレーするようになってきた彼ら。

初戦、第2戦と危なげなくコールド勝ち!
第3戦も失点わずかと順調に準決勝まで進む。

準決勝の相手は
宿敵 Calinan Villafuerte(カリナン・ビラフェルテ小学校)

第1回 Baseball Cup の優勝チーム。

能力が高い選手が多く、侮れない相手。
|練習試合もよくするが、大会前の戦績は1敗1分。
「本番でなんとか勝たせてあげたい!」
そう思い望んだカリナン戦。

結果はいかに!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開幕!

Pic_001












▲2nd Davao City Baseball Cup 開会式


昨日、ついに 2nd Baseball Cup が開幕しました。

小学校18校、高校5校の計23校の出場校が集まりました。前回はわずか5校での大会でしたが、今回は昨年よりもたくさんの方々のご協力で
多くの学校が参加してくれました。

才能豊かな子供達のプレーを見れるのは嬉しいですが、
日本野球のように
「見ている人達に感動を与えるようなキビキビとしたプレー」
目指し子供達は毎日Pic_002 走っています。











▲各チーム学校の校旗を持って整列


大会が無事成功することを願い明日も子供達とともに走ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道具の整理

Photo_04












▲道具の置き方が様になってきた!

去年はグラブを投げたり、使った道具をそのまま放置しておくなど、道具をきちんと整頓できてなかった子供達。

今ではすっかりこの通り。

‘使った物は元の場所へ戻す’のが鉄則

意外とできてない人が多いのではないか??と自分でも気を付けているつもりです。
道具を大事にするようなってから子供達は上手くなってきました。

Photos_018











▲ティーバッティングに励むキャプテンのジェス


キャプテンとしてみんなを引っ張ってくれてます。
頼りになるキャプテン。
大会はもうすぐそこまで迫ってきています。

日々一生懸命がんばっている彼らを勝たせてあげたいと思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダバオ市教育省

先週、ダバオ市教育省を訪ね、
教育長のDr.Gloria Labor (グロリア・ラボー氏)に会ってきました。

Photos_026_1











▲右から3番目の女性がラボーさん


右から2番目は
MKD(ミンダナオ国際大学)の事務局長 イネス氏。

僕にとっては姉のような存在で、いつも何かと協力してもらっています。
先日、ドテルテ市長にお会いできたのもイネスのおかげです。
今回、教育省を訪問するにあたっても、事前にアポイントメントを取っておいてくれた。
すごく優秀で優しき事務局長です。

教育長のラボーさんには前回から協力をして頂いており、
今回も子供達の宿泊場所の確保をお願いしてきました。

大会中、遠くから来る学校もあるため毎日通うと交通費がかかってしまう。。
フィリピンではできるだけコストを抑えるために、
近くの学校又は現地で寝泊りすることもしばしば。

前回の、第1回 Baseball Cup でも開催場所に全チームが泊まりました。
そんなことで、教育省から学校に直接呼びかけてもらうようお願いしたのです。
ラボーさんは快く引き受けてくれ、すぐに手配してくれました。
現地の人達がすぐに動いてくれることはなんともありがたい。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2nd Baseball Cup オリエンテ-ション

先日、ダバオのミンダナオ国際大学にて、
第2回 Davao City Baseball Cup のオリエンテーションを行いました。

Photos_021











▲オリエンテーションのため集まった各チームのコーチ達

なんだかみんな真剣なまなざしですが・・・
実は、ダバオの皆さんに日本の高校野球を知ってもらおうと思い、
昨夏の甲子園決勝 早実vs駒大苫小牧の試合を見せたんです。

Photos_022











▲甲子園を真剣にみるコーチ達



日本野球のレベルの高さにビックリしていました。
甲子園球場や観客の多さにも驚きを隠せない様子でしたね。
ダバオではもちろん野球場はありませんので、甲子園のような
素晴らしい場所で野球ができたら最高でしょう。

近い将来そうなったらと願ってます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »