« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

猛暑

久しぶりの更新です。
今年の夏はかなり暑かった・・・。
熱中症になる人も少なくなかったようです。

そんな中、グラウンドの上で頑張る野球少年達は眩しく見える。
今年の甲子園でも各チーム素晴らしく、
優勝した佐賀北の選手達においては
一戦一戦成長していくのが良くわかりました。
「なんてさわやかなチームなんだろう。」
というのがTVで見た時の印象。
そのさわやかさのまま勢いにのり見事頂点まで上りつめたわけです。

大会中も勉強を怠らずにやっていたと聞きました。
甲子園に出るだけでもすごいのに。。頭が下がります。
‘文武両道’とはよく言われる言葉ではあるが、
佐賀北の選手達はまさにそれ。
見習いたいと思います。

フィリピンダバオの学校も、勉強を中心にしているところは少なくない。
私が教えている日系人会学校の子供達は、私立という事もあり
勉強をしっかりやらなくてはいけない環境にあるといってもいい。
スポーツよりも勉強という傾向はわりと強いのかもしれない。
というのも、しっかり勉強して大学卒業さえすれば、安定した職業に
就きやすいという背景があるからだ。
大学まで進学できる生徒はそれほど多くはないのが現実ですが。。。

一年中暑い中で頑張っているダバオの子供達には、
野球を通して色々な事を学び、吸収してほしいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園

毎日暑い日が続いています。
今年の甲子園
昨年よりも暑い中での試合ということもあり、選手達には体調を崩さぬ
よう気をつけてもらいたいですね。
マウンド上は一体何℃くらいになっているのだろうか?
40℃はかるく超えているような気が・・・。
そんな中で100球、200球と投げるピッチャーには頭が下がる思い。

ついこの間、ダバオの子供達も暑い中練習に励んでいるとの連絡があり、
なんだか嬉しく思いました。
フィリピンは一年中暑い国ですが、
一応‘真夏の季節’はあるんです。

基本的には‘暑い時期’‘すごい暑い時期’の2つの季節。(笑)
4月5月がいわゆる‘真夏の季節’にあたるわけですが、
日本より湿気はない感じです。(といっても暑いことは暑い。。)

ダバオの子供達は、暑い国で育ったとはいえ意外と暑さに弱かったりする。
ずっと暑いため、暑さをしのぐ術を知ってるからなんです。
まだ練習を始めたばかりの頃は、「暑いから休んでいいですか?」
なんてよく聞いてきたもんだ。
(練習中に勝手に座り込んでいる子供も何人かいたりした。)
始めた当初はそんな事がけっこうあったりしたけど、
今は子供達自ら練習に励む事も少なくない。

「練習ちゃんとしてますよ。」と現地から連絡もらう度に、頑張っている
子供達の顔が浮かんでくる。
前回のBaseball Cup では3位という結果だっただけに、
次回はなんとか優勝できるようにしたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

高校野球

今年の全国高校野球選手権大会。
晴れの49代表も今日で全て出揃いました。
昨年は‘ゆうちゃんフィーバー’だった甲子園。
今年の高校球児達はどんな戦いを魅せてくれるのでしょうか?

今年も県予選を数試合ではありますが観戦してきました。
野球道具を寄付して下さるなど、
いつもお世話になっている前橋育英高校の試合も観に行きました。
準々決勝 vs 桐生市商戦。
打力で圧倒した前橋育英が9-1で勝った試合です。

残念ながら次の 準決勝 vs 桐生第一戦では1-4の惜敗という結果で
甲子園には出場できませんでした。
来年は甲子園へ出場してほしいと願う。

西・東東京大会でも代表校が決まったわけですが、
帝京 vs 関東一の準決勝戦はかわいそうな結果でした。
降雨7回コールド。。。
準決勝まできてコールドというのはあまりにも・・・。
プロ野球とは違い、「負けたら終わり」の高校野球。
何か他に方法はなかったのだろうか?
7回終わって7-3で帝京が4点リードしている状況であったが、
あと2回、まだまだ何が起こるかわからないのが野球のはずだ。
「それも運」といえばそれまでだが・・・。

高校3年間はあっという間に過ぎていく。
ましてや高校野球は約2年半。
個人的にはできるだけ納得できるような試合をさせてあげればと思う。

今年の甲子園。
49代表の戦いぶりが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »