« 猛暑 | トップページ | 押尾コータロー »

世界陸上

先日大阪で開催された世界陸上。
見ていた方も多いのではないか。
日本は女子マラソンの土佐選手が勝ち取った銅メダルのみに終わった。
とはいえ、4×100mリレーは素晴らしかった。
メダルこそ逃したもののアジア記録を2度更新するなど、朝原選手はじめ、
リレー4選手は日本全国に感動を与えてくれたように思う。

そして、日本唯一のメダルを獲得した土佐選手の走り。
終盤で2人をかわしての銅メダル。
底力というか、なんというか・・・。
すごい!の一言に尽きます。
北京でも是非この走りを見せてほしい。

それにしても、アメリカの選手達はじめ、外国人選手はものすごい
走りを魅せてくれました。(すごすぎ・・・)
走りだけでなく、棒高跳びのイシンバエワ選手やハンマー投げのイワン・チホン選手
など、様々な種目で観客を魅了してくれました。
さすが‘世界の強者’というパフォーマンスでした。

あれだけ速く走ったり、高く飛んだりできたら気持ちいいもんでしょうね。
野球とはまた違った面白さがそこにあるような気がします。

|

« 猛暑 | トップページ | 押尾コータロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49102/7839139

この記事へのトラックバック一覧です: 世界陸上:

« 猛暑 | トップページ | 押尾コータロー »