« 植林センター | トップページ | Davao City Baseball Association »

オベンザさん

Photo_029











▲ 「カセド」の責任者 オベンザさん


「山も人と同じで定期的にメンテナンスをしてあげないと死んでしまう・・。
植林をすることで豊かな自然を次世代へと継承していかなければならない。」

と言っていました。

子供達に伝えるためには、まず大人が実践していかないといけない。
大人が子供の手本にならなければいけない。
そう私には聞こえました。
オベンザさんの熱弁はすごく勉強になりました。

Photo_030













▲ オベンザさんが指だけで描いた絵

最後に、葉っぱの部分に植林をしたみんなで拇印をし、
あとはオベンザさんが指のみで絵を描いてくれました。
(サインもしました。)
う~ん、うまい。。。
うまく表現をしていて素晴らしい。
この絵は学校へ持ち帰っていきました。

Photo_019











▲ 植林をした場所から撮った風景


上まで登ってくると周りはまさに大自然。
登った甲斐がありました。
今度来るときは自分が植えたものが大きくなっているのを見たいものです。

|

« 植林センター | トップページ | Davao City Baseball Association »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49102/8818594

この記事へのトラックバック一覧です: オベンザさん:

« 植林センター | トップページ | Davao City Baseball Association »