« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

感謝

2007年はどんな1年だったか?そして来年はどんな1年にしたいか?

個人的には、来年はとりあえずブログの更新回数をもうちょっと増やさなければ・・・。
ブログをきっちり更新している人はすごいな~と思う今日この頃。

そして、来年2月には第3回ベースボールカップを開催します。
年々成長している子供達がどんなプレーをみせてくれるのか?
非常に楽しみです。

ご協力頂いた皆さんには心から感謝するとともに、
2008年も引き続きご支援頂ければと思っています。


野球仕事を通して、たくさんの人達に出会い、
出会い人とのつながりをもたらしてくれることを実感。
2008年はどんな出会いがあるのか?

自分自身に期待して来年もまた頑張っていきたいと思う。
今年1年ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現地リポート②

Photo_025












▲ 声をだすキャッチャーのブッコン

今年6月から高等部でプレーしているキャッチャーのブッコン。
小学校6年生時(今年5月)には代表に選ばれマニラの全国大会も経験している。
※フィリピンでは小学校6年制、高校4年制で日本での中学校はない。
  (フィリピンの始業式は6月)


お調子者でいつも明るいブッコンは何度叱られても練習にでてくる。
そんな彼を見ていると、本当に野球が好きなんだな~
と嬉しく思うし、感心する。

2004年から始まった
「フィリピンダバオの子供達にベースボールを!」
という私達の活動。
ブッコンは一番最初の練習からずっと野球を続けている。
前回でてきたミッチェルマウリスもそうです。

実は、最初の練習から今でも続けてずっと練習に参加している選手は
そんなに多くない。
来たり、来なかったり・・・。
そんな子供もいたりするが、そんな中でも継続して来る子供達は
やはり、当初に比べ格段に上手くなっている。
今ではチームの中心として他のメンバーを引っ張っています。

「継続は力なり」
私の中学校でもこう彫られた石碑があったのを想い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現地リポート①

Photo_002












▲ エースのマウリス

現地ダバオから報告がきたのでお知らせ。
私が日本にいる間もフィリピン日系人会チームは精力的に活動してるとのこと。
エース マウリスも学校のグラウンドで投げこんでいる。
来年2月末に開催予定の
第3回 ダバオシティー ベースボールカップに向け
順調のようだ。
なんせケガさえしなければと願う。

ちなみに、ベースボールカップの前(2月中旬)には地方大会がある。
※昨年はダバオ市代表として地方大会を制し、全国ベスト8まで駒を進めた。
 (日系人会チームからは、マウリスの兄 ミッチェル
  キャッチャーのブッコンが選ばれ、代表チームの勝利に貢献)


兄 ミッチェルに続きマウリスはこの大会にも選抜されている。
大会時にはより一層大きくなった姿を見せてくれそうだ。
前回は準決勝に進むも、王者カリナンに延長戦の末敗れ、
3位という結果に終わっただけに、弟 マウリスが雪辱に燃えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しさと驚き

Cimg6599











▲ 話を真剣に聞く選手達


最初はそっぽを向いて話を聞いてなかった子供達も
すっかり選手へと成長してきた。
「勝ちたい!」と想う気持ちがそうさせるのか。

自分が学んだ事を、今尚学んでいる事を子供達に教えているわけだが、
それが伝わった瞬間ほど嬉しいことはない。
そして、嬉しさの後には驚きが待っていたりする。

子供達が、教えたことを一生懸命やっていくのを見ている中で
今度はこっち(自分自身)が学んでいるのに驚く。
急に上手くなってくる選手、なかなか上手くいかない選手・・・。
両方ともに、なんでだろう?って思うんです。
その答えを知りたくて、
子供に聞いたりすることもあり、子供から逆に教えられることがある。

「教える」ということは「学ぶ」ということでもありますよ。
どっかで聞いたようなセリフだ・・・。
(たぶん学校で聞いたんだろうな・・)
この感覚はまさにそれなのかもしれない。

なんとも不思議な感覚だ。





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »