« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

日本野球視察ツアーを終えて・・・

日本野球視察ツアーを無事終え、フィリピンダバオに帰った視察者5人。
これからもダバオ野球を向上させるために、視察ツアーの経験を糧に
前進していくことでしょう。

Cimg6036











▲ ダバオ市にて


先日、フィリピンダバオ市にて、リコーダーコンテストが行われました。
リコーダーコンテストは毎年1回開催されていますが、
今年で 17回目
吉祥寺ライオンズクラブの皆様はこのコンテストにも協賛という形で
協力・支援しているため、ダバオへ。

その際に、吉祥寺ライオンズクラブの皆様は
日本野球視察ツアーの視察者達と再会。
日本でのツアーを大変喜んでいたそうです。

私は行けませんでしたが、ダバオから連絡があり、
日本滞在中の話で盛り上がったようです。
フィリピンダバオ市野球協会 会長 サラビア氏は、
「今後も日本での経験を活かし、
ダバオ野球発展のために尽力する」
と力強い言葉を言ってくれたとのこと。

頼もしい言葉を聞けて、今後の活動が楽しみになってきました。
来年2月には第5回目となるダバオ市野球大会を開催予定。
ひとつの節目となる大会だけに、今までの経験を活かし、
より良い大会になるように頑張りたいと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本野球視察ツアー⑪

日本野球視察ツアー最終日。
すなわち帰国日。

Photo_417_3











▲ リムジンバス乗り場


約1週間の日本野球視察ツアーを終え、成田空港へと
旅立つ前のダバオ指導者一行。
かなりタイトなスケジュールではありましたが、
全員充実した様子でした。
「まだまだ日本に滞在していたい」と言うほど。

Photo_418











▲ 荷物を点検するサラビア氏

ほとんどの人達が日本には初めて来たので、
日本での経験はすべてが初体験だったわけです。
日本の野球はじめ、日本文化に肌でふれ、自身の目で
見れたことは、今後にとても活かされるのではないかと
思います。

Photo_427











▲ リムジンバスに乗り込む一行


バス内から写真を撮る視察者達。
バスが見えなくなるまで写真を撮ってしました。

Photo_428











▲ 出発するバス


色々な想いを胸に帰国する一行。
「このツアーは一生心に残るだろう」

と視察者全員言っていました。
帰国後、ダバオからすぐ連絡がきました。
視察者メンバーを中心として野球関係者でミーティングを
行い、日本野球視察ツアーの話をしたとのこと。
「意識が変わった」と口で言うだけでなく、
即、実践してくれたその姿勢が素晴らしいと
感動させられました。

私自身もみんなと一緒にいて色々勉強させてもらうことが
できました。

このツアーを通してお互いに成長できたように思います。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »