コーチのつぶやき。

今年1年

Photo_148













▲ 第4回ダバオ市野球大会

久しぶりの更新です。
今年も今日で終わりです。
いつも私のブログを見てくれている方、有難うございます。
更新頻度は低いですが、粘り強く見てやって下さい。

今年1年もお蔭様で充実した1年でした。
自分が困ってもがいている時に手を差し伸べてくれた方々、
いつも見守ってくれている方々に 感謝 し、
来年もまた一歩一歩確実に歩いていきたいと思います。

来年2月には第5回目となるダバオ市野球大会を開催します。
大会は2日間に渡り開催し、
予定参加校は、小学部15校・高等部7校。
来年も選手に会えるのが楽しみです。

回を重ねるごとに現地の子供達は成長し、私自身も成長させて頂きました。
大会のレベルも徐々に上がってきているように感じます。
現地ダバオの指導者達も、今夏の日本野球視察ツアーのおかげで
大会をより良くするために具体的に何をすればいいのかと考えるように
なり、行動するようになってきました。
考えるだけでなく、実際に行動する
簡単なようでなかなかできない事ではありますが、
その意識は視察ツアーを終えて高まってきたようです。

次は、子供達のために何をすることが一番いいのか。
相手の立場になって考え、実践すること
その意識が指導者側に常にあれば、子供達も
必ずいい方向にいくと信じています。
自分自身もこの言葉を忘れず精進していきたいと思います。

Photo_183












▲ 第4回大会のパーティーにて

第2回~第4回大会までは、優勝したチームの選手のみ
閉会式・表彰式に招待され、美味しいご飯を食べることができました。
しかし、今年の第5回大会では、参加した全選手とより交流を深めるために、
大会第1日目の全試合終了後、全選手・監督・コーチ・大会関係者で
食事をすることになりました。
一緒に食べ、話し、子供達と一緒に楽しめればと思っています。


来年もフィリピンダバオの子供達を応援して頂ければ幸いです。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球交流戦

今年も盛り上がっているプロ野球交流戦。
普段はなかなか観れないカードもあったりで、プロ野球ファンとしては
面白いのでは。

それにしても、パ・リーグの投手陣の勢いはすごい。
WBCでも活躍したダルビッシュ投手をはじめ、楽天の田中投手、岩隈投手、
ソフトバンクの杉内投手など、投手力はパ・リーグの方が充実している気がします。

個人的に注目しているのはロッテの唐川投手
岩隈投手と似かよった、しなやかなフォームから繰り出されるキレのある
ストレートは今後のさらなる活躍を予感させます。

若い選手の活躍が目立つ今シーズンですが、
横浜の工藤投手には頭が下がります。
46歳で今年28年目。
普段は一体どんな生活をしているのか?
体の節制はもちろんされているのでしょうが、毎日の体の手入れが
きちんとされているから今でもキレのあるボールが投げられるのでしょうか。

とにかく、「ハマのおじさん」こと工藤公康投手には
これからもガンガン勝ってほしいものです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBCの監督

来年3月に開催される
第2回ワールドベースボールクラシック
日本代表の監督は誰がやるのか?

今、野球界では一番の問題になっているのではないでしょうか。

個人的にはやはり「世界の王」
王監督にやってもらいたいですが、
体調に不安な面があるようなのでなかなか推しずらいところですね。
この間見たニュースでは、楽天の野村監督が監督になって王監督が
ヘッドコーチに。
なんてことが言われていました。
野球ファンとしてはその二人での日本代表も見てみたいところ。
いずれにしても、誰が監督になっても大変であることは
間違いなさそうです。

最強の日本チームは誕生するのか?
できればイチロー選手はじめ、日本人メジャーリーガーを中心とした
最強チームを見てみたい。
松井選手が日本代表の4番として活躍してほしい。
日本全国の野球ファンはそう願っているのではないかと思います。

それにしても、長いシーズンを終え、休む間もなくWBCとは・・・
野球選手は本当に体力・気力がないと務まらない職業ですね。

フィリピンダバオの子供達にもプロの厳しさ
を伝えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチローのすごさ

シアトルマリナーズのイチロー選手が今季200本目の安打を
放ち、8年連続200本安打の偉業を
達成したのは皆さんも既に知っている
でしょう。

「今季は0本から強く意識した。」
と話していたイチロー選手。
200本を意識しながらシーズンを戦う気持ちはどうなのかは
到底わからないが、それをやってのけるから本当にすごい。

「ずっと恐怖との闘いだった。
できないかもしれないという恐怖は常にあった。」

とイチロー選手。

200本安打達成後のインタビューではそう言いながら、
とても晴れやかな表情だったのが印象的。
それだけ苦しんでいたんだというのが伝わってきました。
そんな中でも、
「もうちょっと格好良く決めたかった。」
いかにもイチロー選手らしいコメントではあるが、
格好良過ぎです。

プレッシャーに押し潰されることなく常に打ち勝ってきたイチロー選手。
毎日の気が遠くなるほどの積み重ねが 偉業 へとつながることを
証明してくれたように感じた。

今日の試合ではもう既に201本目の安打を放っている。
イチロー選手の旅はこれからも当分終わりそうにない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック

久しぶりの更新です。

北京オリンピック が終わり、プロ野球の中継をみて
なんだか久しぶりに見たな、と懐かしく感じたと同時に
テレビ番組も北京一色から普段通りに戻ったのだと
気づかされる今日この頃。

皆さんはどのシーンが一番心に残ったでしょうか?

個人的にはソフトボール日本代表チーム
が世界一になった瞬間が一番興奮しました。
長年の 現実 となった素晴らしい瞬間でした。

上野選手を筆頭に素晴らしいチームでした。
テレビを通しても
“ 勝ちたい!”
という気持ちがものすごく伝わってきました。
悲願の金メダル
本当にすごい。

競泳ではやはり北島選手の100M平泳ぎ
金メダルを獲った後のインタビューからは
この4年間の辛さや厳しさが伝わってきました。
感 動 の一言。

オリンピックの舞台に立つためにどれだけの事をしてきたか、
どれだけ努力してきたのか。どれだけ準備してきたのか。
計り知れません。

野球日本代表は残念ながら4位に終わりましたが、
お疲れ様と言いたい。
すごい重圧の中での戦いで大変だったことと思います。
来年のWBCでは是非日本野球の強さをみせてほしい。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと思う事。

今年もはやくも半分が終わりました。
2008年ここまで皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
いい事悪い事も両方あったのではと思います。

これから本格的に暑くなりそうだし、自分の体のケアは
しっかりしなくてはと思う今日この頃。

北京オリンピック。
もうあと1ヶ月ちょっとで始まりますね。
TVで報道されていたのを見ましたが、どうやら空気が
あまり良くないようです。
中国には行ったことがないのでどのくらい悪いのかは
わかりませんが、中国に行ったことのある友人に聞いたところによると、
ホコリがかなりあるそう。。
TVで観た感じもこりゃ大丈夫か?
北京オリンピックに参加する選手達を心配してしまう。

そのオリンピックで個人的に注目している選手
それは、実に4回目の出場となる
100m走代表朝原選手
バレーボール荻野選手
ベテラン勢2人にハッスルしてほしいところです。
男子バレーボールには興味がなかったのですが、
今回はけっこう観ちゃいました。
感動的な試合が多く、TVを通して観ている側なのに
ちょっと熱くなりました。
北京では是非メダルを獲ってきてもらいたいものです。

もちろん野球の代表も頑張ってほしい。
今大会でオリンピックの種目から外れてしまうことを
考えるとなおさらです。

暑い夏熱いプレーを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAPPY NEW YEAR

遅ればせながら
明けましておめでとうございます。

昨年はご協力頂いた方々のおかげさまで1年間充実した
日々を送ることができました。

Wp51_01_1280768












▲ イチロー


イチロー選手。
カッコイイですね~。
実は今デスクトップの背景にしてるんです。
年始からイチロー選手特集などがTVで放映されてたのを見た。
カッコイイのはもちろんのこと、お茶目な面まで
披露してくれてなんだか一層好感がもてました。

考え方は本当に素晴らしいし、自分の事を
よく分析しているな~という印象。

今年は、いや、今年もイチロー選手から勉強させてもらい、
イチファンとして応援しつつ自分自身も磨いていきたいと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝

2007年はどんな1年だったか?そして来年はどんな1年にしたいか?

個人的には、来年はとりあえずブログの更新回数をもうちょっと増やさなければ・・・。
ブログをきっちり更新している人はすごいな~と思う今日この頃。

そして、来年2月には第3回ベースボールカップを開催します。
年々成長している子供達がどんなプレーをみせてくれるのか?
非常に楽しみです。

ご協力頂いた皆さんには心から感謝するとともに、
2008年も引き続きご支援頂ければと思っています。


野球仕事を通して、たくさんの人達に出会い、
出会い人とのつながりをもたらしてくれることを実感。
2008年はどんな出会いがあるのか?

自分自身に期待して来年もまた頑張っていきたいと思う。
今年1年ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オベンザさん

Photo_029











▲ 「カセド」の責任者 オベンザさん


「山も人と同じで定期的にメンテナンスをしてあげないと死んでしまう・・。
植林をすることで豊かな自然を次世代へと継承していかなければならない。」

と言っていました。

子供達に伝えるためには、まず大人が実践していかないといけない。
大人が子供の手本にならなければいけない。
そう私には聞こえました。
オベンザさんの熱弁はすごく勉強になりました。

Photo_030













▲ オベンザさんが指だけで描いた絵

最後に、葉っぱの部分に植林をしたみんなで拇印をし、
あとはオベンザさんが指のみで絵を描いてくれました。
(サインもしました。)
う~ん、うまい。。。
うまく表現をしていて素晴らしい。
この絵は学校へ持ち帰っていきました。

Photo_019











▲ 植林をした場所から撮った風景


上まで登ってくると周りはまさに大自然。
登った甲斐がありました。
今度来るときは自分が植えたものが大きくなっているのを見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

植林センター

Photo_004_2 











▲ 植林センター「カセド」


今回の滞在期間中、フィリピン日系人会の職員の人達と
マラハンという場所にある植林センターに行ってきました。
山の奥のといった感じでしょうか。。
この場所では、自然を守ろうと必死になって頑張っている人達がいます。

Photo_017_3











▲ みんなで山のさらに奥へ


なかなかに険しい道をひたすら登っていきました。
山登りなんて久しぶりだったもんで、けっこう堪えた・・・。

Photo_021











▲ 全員で植林


ポイントにたどり着くと、みんなで一斉に植林開始。
総勢約100名が一気にやるわけですからかなりの数
植林できたと思います。
私も3,4つ植えました。

今回、初めて「植林」というものを体験したわけですが、
想像していたよりもずっと大変でした。
さらに、それを維持し見守っていく。。
容易なことではないと実感しました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧